下肢静脈瘤の原因と治療方法

足のだるさやむくみ、血管が浮き出るなど様々な不快な症状を引きおこす下肢静脈瘤は女性に多い症状ですが、改善のためにはまずはその原因をしることが大事です。静脈内には血液の逆流を防ぐ弁がありますが、この弁が壊れてしまうと血液の逆流が起こり静脈が拡張して瘤ができてしまいます。

静脈内の弁が壊れる理由としては、運動不足による筋肉の衰えや加齢や妊娠の影響などがあげられます。長時間の立ち仕事を行う人も下肢静脈瘤になりやすいとされています。悪化した場合は治療が必要となりますが、治療方法も色々な種類がありますので比較しながら良い方法を選んでいきましょう。

下肢静脈瘤の治療方法では、まずは弾性ストッキングの着用で症状を緩和させる方法があります。根本的な治療ではありませんが、悪化予防や現状維持に役立ちます。このほかには血管内に硬化剤を注入して血管の内側の壁を癒着させる硬化療法や逆流を起こしている静脈を引き抜くストリッピング術もあります。さらにレーザー治療やラジオ波を利用した治療もありますので症状に合わせて最適な方法を選んでいきましょう。

赤羽静脈瘤クリニック

評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
情報量 ★★★★
サービス ★★★★
満足度 ★★★★

赤羽静脈瘤クリニックは、東京や埼玉の下肢静脈瘤の日帰り治療専門のクリニックとなっています。経験豊富な専門医が診断や手術をしますので、信頼できます。過去に1,000例以上経験した専門医のみ診断や治療を行うことで的確な治療を受けることが可能です。

下肢静脈瘤の手術を含む全ての治療において患者に痛みを極力感じないようするために、ここのクリニックでは6種類のオリジナル麻酔法を採用しています。それによって痛みを排除しています。

遺伝や立ち仕事が多い方がなりやすい下肢静脈瘤の手術をただするだけでなく、患者が快適に治療を受けられるように接遇の向上や待ち時間の短縮などにも力を入れています。

東京ヴェインクリニック

評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
情報量 ★★★★
サービス ★★★
満足度 ★★★★

池袋駅から徒歩2分の場所にあります。血管外科、外科、内科、一般皮膚科を診療科目としていますが、当院が特徴としているのは日帰り手術で下肢静脈瘤、ハンドペイン、そけいヘルニア、シャント関連の施術を行っています。重症であり院内で施術できない場合は東大病院への紹介を通じて大学病院に入院することができるので、プライマリケアクリニックとしても利用できます。

東京ヴェインクリニックでは、患者さんの負担ができるだけ少なく、最も効果の高い方法で病気を治癒させることを心掛けています。そのため診察時には医師が丁寧に患者さんの状態を把握、術式を検討し、納得がいくように説明していくので、患者さんも不安なく手術を受け、症状が改善した状態で帰ることができます。

院長は20年以上の血管外科医としての研鑽を積み、開業前は大学病院の外科医として活躍していた人物です。その豊富な臨床経験と、最新機器を取り入れた低侵襲な手術、エビデンスに基づいた確かな治療により開業以来10,000件を超える手術が行われてきました。診療時間は午前は9時から13時(木曜日は12時)までと、午後は16時から17時半までです。休業日は木曜日の午後、日曜日、祝日です。

北青山Dクリニック

評価 ★★★★
使いやすさ ★★★★
情報量 ★★★
サービス ★★★★
満足度 ★★★★★

北青山Dクリニックの下肢静脈瘤手術は、麻酔経験の豊富な医師の治療による、痛みのない日帰り手術です。また、切開での切除手術ではなく、体外照射タイプのレーザー治療やフォーム硬化療法等で対処するため、手術の傷跡はほとんど残りません。

健康保険での診療と自費での診療のどちらかを選択できます。自費治療での手術は通院日数が少なく重症の下肢静脈瘤にも対応できます。一方、保険治療は通院日数が若干多く、弾性ストッキングの着用日数も増えますが、費用的な負担は少ないというメリットがあります。

術後は鎮静剤と化膿止めで対応しますが、痛みが治まらない場合には、座薬の処方もしてもらえます。処理した部分の再発の可能性は少ないですが、新たな部分に静脈瘤が発生した場合には、すぐに来院の上、簡単な処置でのケアができます。

コスメディカルクリニックシンシア

評価 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
情報量 ★★★★
サービス ★★★★
満足度 ★★★

下肢静脈瘤は、保険適用ができ、なおかつ入院せずに治療ができるのが理想的ではないでしょうか。コスメディカルクリニックシンシアなら、期待に応えるだけでなく、治療法の選択や予防対策など、気になることも気軽に相談できる、そうした専門医師が診療にあたってくれます。

心臓血管外科など、多くの研修を重ねてきた医師が担当なので、血管内焼灼術が必要な方の治療実績も高めです。しかし、手術が確実に必要とはいえないのも下肢静脈瘤の特徴ですから、症状や進行状態に応じて、治療の提案を行ってくれます。妊娠や出産が原因にもあげられており、女性目線で、キズになりにくい治療法が女性医師からも提案されています。

女性患者の割合も多く、コスメディカルクリニックシンシアでは初期段階のみならず、予防のために使用できる医療用の着圧ソックスも提供しています。圧迫法も違うため、必ず医師の指導のもとに購入する流れです。治療法も現状維持であれば、浮腫を抑制させる運動や食事など、生活面でのアドバイザーとなる、そうした魅力もありそうです。

神楽坂D.S.マイクリニック

評価 ★★★★
使いやすさ ★★★
情報量 ★★★★★
サービス ★★★
満足度 ★★★★★

下肢静脈瘤の最初のレーザー日帰り手術ができるクリニックになっています。今までのレーザー治療よりも内出血や痛みが少なくなっていますので、患者の体への負担が軽くて済みます。

また、神楽坂D.S.マイクリニックでは、経験豊富な血管外科医師が直接治療を行ってくれます。そして多くの下肢静脈瘤はレーザーだけでは治療出来ない部位が出てきてしまいますが、このクリニックでは原則としてレーザー治療と同時に静脈瘤切除術も実施することでそれを回避するようにしています。

さらに、ただ手術して治療するだけでなく手術後の傷をできるだけ小さくして見た目の美しさを常に追求しています。それによって、クオリティーの高い下肢静脈瘤の治療を受けることができます。

東京デイサージェリークリニック

評価 ★★★
使いやすさ ★★★
情報量 ★★★★
サービス ★★★
満足度 ★★★★

日常生活への負担が少ない日帰り手術を行うのが東京デイサージェリークリニックです。遠方からの来院に備えるための提携ホテルもあり、利便性の高い立地にて専門医から治療を受けることが可能です。その日帰り手術も、そけいヘルニア・痔核・下肢静脈瘤の3疾患がメインとなります。

軽度から重度まで、症状を把握し、下肢静脈瘤との診断がなされれば、レーザー治療で足に傷をつけることなく最新治療が保険内で受けられます。下肢静脈瘤に限っては、症状が出にくいために放置しがちですが、見た目の問題もあり、まずは相談することが大事です。こちらのクリニックは、相談に行きやすい明瞭会計など、敷居の低さもメリットです。

健康保険3割負担の場合、初診で約2,500円、術前検査で約5,000円、手術で約48,000円となります。医師の実績を見てみれば、外科専門医・指導医、消化器外科や内視鏡学会専門医の認定を受けているこの道のスペシャリストです。日帰り手術全体の症例数も約8,000件で、その経験から症状別に適切な治療法を提案してくれることもイメージができます。

下肢静脈瘤は立ち仕事をしている人に多い病気です

手や足の静脈には逆流防止のため弁が付いていて、心臓に血液が戻りやすい仕組みになっています。しかしこの弁の作用が悪くなると血液の逆流が引き起こり、特に太い静脈が詰まると静脈圧などが高くなってしまいます。このような状態から皮膚に近い静脈の部分が太かったり長くなったり膨らんでくることがあります。これが下肢静脈瘤のことで、ほとんどは足に生じるとされています。明確な原因はまだ不明ですが、最近注目を集めている深部静脈血栓症、つまりエコノミークラス症候群などの後遺症として生じることが多いでしょう。日本人の場合は約40%以上の人において見られる症状で、日常的によく見られる病気の一つです。立ち仕事をしている人に多く見られ、特に高齢の人や女性に見られることがあり、家族の誰かが発症しているとリスクが高くなると言われています。

下肢静脈瘤が軽度の場合、重苦しい感じがしたりだるさなどを感じることがあります。酷くなると痛みを感じたり、むくみといった症状も現れるでしょう。美容の観点から気にしている人も多く、更に症状が強く出ると皮膚に変化が現れ色素沈着のせいで皮膚の色が黒くなることもあります。皮膚硬結という皮膚が硬くなったり、血栓性静脈炎や皮膚潰瘍などを引き起こすので注意が必要です。いろいろな症状がありますがそのまま放置していると、少しずつ悪化していくので医師と相談することをおすすめします。通常足の観察を行ってから血流音を検出する「ドプラ聴診器」などを使って血流に関する異常について確認することが可能です。超音波検査で何かしら静脈の異常があると、脈波検査において下肢の静脈を測定します。造影剤を利用した静脈造影やCT検査などの画像検査を行うこともあります。

治療方法として長時間立ち仕事を避けた理、足を上げ休憩したりマッサージを行うといった日常生活の改善から始まります。弾性ストッキングを着用するなどの圧迫療法があり、専門スタッフが弾性ストッキングの着用方法を教えてくれる病院もあるでしょう。硬化療法の場合刺激性のある薬剤を静脈瘤に注入しながら、静脈を閉塞する方法です。細い静脈瘤に実施されていて、外来でも治療を受けることが可能です。血液の逆流が強いなら一般的に施術することになり、逆流が起こる静脈を除去するストリッピング術や静脈を縛る高位結紮術などがあります。最近レーザー焼灼術が保険適用になったので、盛んに実施されるようになりました。基本的に下肢静脈瘤は良性で、肺塞栓症といった血の塊が肺などの血管に詰まったり、重篤な状態になるのはほとんどありません。いろいろな治療方法がありますが、患者に合わせてアレンジすることができます。症状や状態、活動度や本人の希望なども考慮にしながら手術方法を決定することが可能です。